GALLERY


Fall & Winter

Striped Pullover

毛糸Pierrot BRUNO 棒針4号・2号

希少なヤクの毛を混紡した糸でセットインスリーブのプルオーバーを編みました。シンプルなアラン模様を4色でランダムなボーダーにすることでにぎやかに。

多色使いでありながら、落ち着いたシックな色なので派手にはならず、ちょっとした遊び心を感じる程度に仕上がったと思います。

トラッドテイストなセーターなので、チノパンツとピッグスエードのトレンチコートをコーディネイトするとピッタリ。

途中経過はコチラ


Bottleneck pullover

WOOL AND THE GANG WOOL ME TENDER 棒針6.5mm

ラグランスリーブのボトルネックセーターです。ほとんど撚りのかかっていないロービングヤーンで両面引き上げのイギリスゴム編みがぴったり。前後身頃でつなぎ目がわからないように模様合わせしてあります。

この色はカメオローズといって、少しスモーキーな薄いローズ色がなんともいえずいい色です。デニムのインディゴにとっても映える、おうちでゆったりするときに着るラフでざっくりしたかっこいいセーターができました。

途中経過はコチラ


Fur Jumper

Pierrot Yarn CAT YARN 棒針9mm

Soupir Wool 4mm,3.75mm

毛糸ピエロの CAT YARN というエコファーの「サバグレー」という色で編んだので、「サバ猫ジャンパー」になりました。

ファーに埋もれて継ぎ目が見えませんが、ラグラン袖です。

リブ部分はストレートヤーンでメリヤスのダブルにしました。前立ても同様にメリヤスのダブルで、ファスナーをつける部分の内側には伸び止めテープを貼ってあります。裏地もつけてとても暖かいふわふわジャンパーができました。

途中経過はコチラ


Square sweater

Pierrot Yarn Pousse 棒針3.75mm

メリヤス編みでひたすら大きな正方形(襟ぐりのため一角だけ落としてありますが)を編み、裾と袖口をリブでつけただけのちょっと変わったデザインです。

編んでいる最中や、出来上がりを平置きしている状態だと、これは着るとどうなるの?と聞かれ、着ていると、いったいどうなっているの?と注目集めること必至。

ブラウジングするとケープを着ているようなシルエット、裾を下げるとゆったりしたセーターです。 

途中経過はコチラ


Tailored Jacket

Rich More Alpaca Leggero 棒針5㎜

 

アルパカレジェーロのふわっと軽い風合いを生かした変わりゴム編みで、長めの丈のジャケットに仕上げました。上衿の色を変えてトラディショナルでありつつ遊び心を感じさせるデザインに。

縁にリッチモアのファーヤーン、エルクをつけてさらにふわふわとリッチな雰囲気を出しています。

 

経過はコチラ


Muffmargaret

Pierrot Yarn Nuit 棒針4.5㎜、5㎜

マーガレットの後身頃にあたる部分の幅を狭くし、長く編んでマフラーのように巻くという、変わった形のマーガレットです。

袖に総アラン模様をいれ、しっかりとした張りのある編地にしたことで、ボリュームのあるパフスリーブができました。リブを長くエレガントに。

経過はコチラ


A-line sweater

Pierrot Yarn chiffon 棒針4号

2色の糸を2段ずつ交互にガーター編み、白の段を引き上げることでワッフルのような編地を作っています。

製図では結構裾広がりのAライン、ベビーアルパカ100%の糸なのでとても軽やかで柔らかく、着ると両脇が落ちてきれいなドレープがでて裾がややアーチ状になります。

襟ヨークは表目がブルー、裏目が白の2目ゴム編み。縁はメリヤス編みでくるるんとかわいく。

袖口は白とブルーのリバーシブル1目ゴム編み。折り返すと、感じが変わります。

 

途中経過はコチラ


Wash+Filz-it! wristbag

Schachenmayr Wash+Filz-it! 棒針10㎜

方眼編みのフレンチスリーブサマーセーター

縮絨専用糸、Wash+Filz-it! を使ったリストバッグ。

編みかけのものを出先でも編めるように、持ち歩きやすいバッグを作りました。

ほとんど撚りのかかっていない糸で、編みあがった後、お湯の中でごしごし揉み洗いをして毛を絡ませて、フェルト化します。


Boat Neck Long Pullover

Malabrigo Silky merino 棒針8号

身頃は左右で表と裏を切り替えたメリヤス編み、袖は一目ゴム編みの編地見本みたいなプルオーバー。

衿はボートネックにして、すっきりと。

シルクとウールが半々の糸なので、とても軽くて柔らかい、肌触りのいいセーターができました。 

途中経過はコチラ


Sailor Collar Long Cardigan

Perrot Yarn Krone#2 棒針11号

ボタンなしのガウンタイプのカーディガンです。少し肌寒い日にちょっとしたコート代わりにサッと羽織れる、ロング丈。

セーラーカラーとポケットの入れ口に遊び心を感じさせるデザインにしました。

途中経過はコチラ 


Double-breast Jacket

Pierrot Yarn Rabbits、(ファンシーヤーン不明) 棒針8mm

太いファンシーヤーンとループヤーンで、引き上げ編みを使ったチェック模様を作って、ダブルの打合せのジャケットにしました。糸がふわもこでかわいいのですが、少しクラシカルなイメージのかっちりしたデザインで、大人っぽく仕上がりました。


Braided Snood

Wister Aria、Stella、Foxy Fur 棒針15号

3種類の糸を使って、それぞれ細長く編んだものを三つ編みにしてまとめるという、いたって簡単なスヌード。でも、糸をいろいろ変えることでまったく違う雰囲気に仕上がるので、アレンジが楽しい作品です。


Bias Cardigan

Pierrot Yarns  Chiffon 棒針4号

斜め編み(バイアス編み)のカーディガンです。斜め編みを利用して、打合せをカシュクールのようにしました。後ろ身頃は両脇の裾から編み始めて、真ん中で減目して斜めラインを作ります。袖もバイアス編みです。

ふわんふわんのベビーアルパカで、着やすい一着ができました。


V-yoke Dolman Sleeve Sweater

Pierrot Yarn Elmer 棒針3号

Rich More MILD LANA 棒針3号

Vヨーク部分に植物モチーフをデザインしたセーターです。袖はドルマンスリーブで、身頃からつなげて編みます。身頃に使用した糸はメリノウールにシルクが20%混ざっていて、軽くて滑らか。秋口にぴったりのセーターです。

ゴム編み部分に透かし模様を入れてちょっと凝ったデザインにしてあります。

 


Fair Isle Round-neck Sweater

Rich More MILD LANA、(カラフルネップの糸不明) 棒針3号

丸ヨークにフェアアイルの伝統柄を配置し、袖と身頃は紺にカラフルなネップの入った糸で引き上げ編みの地模様を編みました。襟と裾にも、ヨークで使った色を編み込んで変わりゴム編みに。

かわいい、楽しげなセーターになりました。

おそろいのベレー帽は繊細なアラン模様を配して。


Black Jumper & Check Skirt

Puppy ダイドー牧場 グランメリノ 棒針4号

Rich More MILD LANA 棒針4号

黒のジップアップのジャケットは、セーターっぽさを出さないように、裾と袖口は袋編みにし、襟はメリヤスのダブルにしてあります。

チェックのスカートは、分散減目という手法を用いて、スカートの広がりに比例してチェックのサイズも変わるという、手あみならではの特別感があります。横のラインは編みこんでいますが、縦のラインは裏目で溝を作って、後からチェーンステッチで入れます。

 


Sonomono Ensemble

ハマナカ Sonomono ループ 棒針15号

ハマナカ Sonomono ツィード 棒針5号

ハマナカのSonomonoソノモノシリーズを使った、アンサンブルです。ジャケットはループヤーンでふんわりと、スカートはツイードの糸を生かしてヘリンボーン柄を表目と裏目で作り出しました。

それぞれ別々にも活用できる、着回しの利くセットアップです。

 


Red Guernsey Sweatar

Puppy ダイドー牧場 グランメリノ 棒針4号

ガーンジー島に伝わるという、古典的なセーターです。

ほぼ輪で編んでいく、とじはぎのいらない編み方で、防寒に優れ、動きやすさも考慮された機能的なセーターです。

また、基本表目と裏目だけの総模様である点も特徴の一つです。

ちょっとアレンジして、袖口と襟にボタンをつけてみました。


Basket Poncho

Olympus makemake 棒針6号、かぎ針6/0号

これは、毛糸からイメージが膨らんで、これしかない!という形に仕上がったもの。一本の糸にショートピッチの段染めと、茶色とベージュのメランジカラーが交互に出てくるという複雑な糸で、バスケット編み(かご編み)すると、一枚一枚モチーフを編んではぎ合わせたように見えますが、ずーっと続けて編んでいます。